コンテンツにスキップする

中国は農産物購入の契約には後ろ向き-パーデュー米農務長官

更新日時

中国の当局者らはトランプ米統大領に、400億-500億ドル(約4兆3000億-5兆4000億円)相当の米国産農産物を購入すると述べたが、そうした契約を交わすことには後ろ向きだと、パーデュー米農務長官がFOXビジネスとのインタビューで述べた。

  同長官は、中国が非公開の場ではコミットすることをいとわない一方で、契約に同意するのには慎重であることは「問題」だと述べた。ネブラスカ州オマハでの会議の場で語った。

  パーデュー氏はまた、アフリカ豚コレラが発生し、アジアで豚を大量に処分したことが米国での食品価格を著しく押し上げることはないとの見方を示した。世界的な需要増を満たすため、農家は生産を増やすことができるためだと、その理由を述べた。

原題:
China Reluctant to Put Ag-Buying Commitments in Contracts: USDA(抜粋)

(第3段落にアフリカ豚コレラの影響を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE