コンテンツにスキップする
Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg
cojp

米国のクレジットカード返済、深刻な遅延が10年ぶりの高水準に

  • 90日以上の返済遅延、クレジットカード利用者の2.01%に上昇へ
  • アメックスなど主要カード会社、信用基準を厳格化
Shoppers look at handbags on display at the Macy's Inc. flagship store in New York, U.S., on Thursday, Nov. 28, 2019. A gauge of buying conditions in the U.S. advanced last week to 55.3, the highest ever leading up to the first shopping day after the Thanksgiving holiday, according to Bloomberg Consumer Comfort Index data.
Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg

米国でクレジットカードの深刻な返済遅延が10年ぶりの高水準に達する見通しだ。背景には銀行による積極的なクレジットカード加入の勧誘がある。

  米消費者信用調査会社トランスユニオンの予想によれば、クレジットカードの返済期限が90日以上過ぎている利用者は来年、全体の2.01%まで上昇する。これは2010年以来の高水準だ。トランスユニオンはその上で、前回のリセッション(景気後退)時をなお大きく下回っており、懸念するほどではないと指摘した。

  回転信用(リボ払い)を利用できる消費者は7-9月(第3四半期)に過去最多の2億50万人に上った。

Souring Debt

Card debt that's 90 days past due is expected to climb to a decade high

Source: TransUnion

Note: Data for Q4 2019 through Q4 2020 are projections

  アメリカン・エキスプレス(アメックス)やディスカバー・ファイナンシャルなど主要クレジットカード会社は、景気下降の可能性に備え信用基準の厳格化を始め、警戒感を強めている。一方で銀行は、歴史的な低水準で推移する米国の失業率を背景に顧客の支払いは滞っていないと指摘した。

原題:Americans’ Souring Credit Card Debt Poised to Reach 10-Year High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE