コンテンツにスキップする

IEA予測:来年も石油過剰に、OPECプラスの減産計画では不十分

国際エネルギー機関 (IEA)は12日発表した月報で、来年の石油市場は引き続き供給過剰となる見通しを示した。石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」は最近、減産計画で合意したが、だぶつきの解消には不十分だとIEAは指摘した。

  OPECプラスは先週、最大で合計日量210万バレルの減産に合意した。IEAは、これが完全に履行されても来年1-3月(第1四半期)は日量70万バレルの供給過剰になる可能性があると予想。米国産のシェールオイルなどOPECプラス以外の産油国が世界需要を上回るペースで供給を続けるとみている。

Stubborn Surplus

The IEA says the additional OPEC+ cuts agreed last week won't be big enough to eliminate the oil oversupply in the first quarter of 2020.

Source: International Energy Agency

Note: Both the projected surplus and the size of the additional cut are calculated using November oil production.

原題:OPEC+ Oil Supply Cuts Won’t Prevent Surplus in 2020, IEA Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE