コンテンツにスキップする

米上院共和党、トランプ大統領弾劾裁判を早期決着する方向に傾斜

  • 共和党議員ら、ホワイトハウスの「多数の証人」要求に疑問符
  • 下院本会議、「権力乱用」と「議会妨害」の弾劾条項で来週採決へ

米共和党上院議員らによると、トランプ大統領の弾劾裁判を短期間で終わらせる方向で同党では早くも合意が形成されつつあり、証人からの聴取なしで同大統領を無罪放免にすることについて採決される可能性がある。

  ジョンソン上院議員(共和、ウィスコンシン州)は、民主党が過半数を握る下院での弾劾訴追が決まった後、トランプ大統領側の反論を聞いた上で速やかに弾劾条項について採決を行いたいという考えが上院共和党議員53人の中で増していると述べた。

Senate Foreign Relations Committee Hearing On Future Of U.S. Policy Towards Russia

ジョンソン共和党上院議員

写真家:アンドリュー・ハラー/ブルームバーグ

  下院本会議は来週、トランプ大統領の罷免に向けて「権力乱用」と「議会妨害」の2つの弾劾条項について採決を行う見込みで、弾劾訴追が決まれば上院で来年1月上旬から中旬に弾劾裁判の審理が始まる。

  2020年大統領選の民主党有力候補であるバイデン前副大統領と息子への捜査をトランプ大統領がウクライナ大統領に不適切に迫ったとされる疑惑を巡り、トランプ氏は弾劾調査の引き金となった内部告発者などを含め多くの証人の召喚を望んでいるとホワイトハウスのグリシャム報道官は10日にFOXニュースで明らかにした。

  ただ、コーニン上院議員(テキサス州)は、「票を確保できているなら採決しよう」というのがホワイトハウスへの助言だとコメント。トランプ氏に近いグラム上院司法委員長(サウスカロライナ州)も、多くの証人を召喚することには慎重姿勢で、「彼らが弾劾条項の可決に使ったものは何であれ、裁判の記録であるべきだ。そうすれば一からやり直す必要はない」と語った。

Senate Leadership Hold News Conference Following Weekly Caucus Meetings

米議会で記者会見に臨んだマコネル共和党上院院内総務(12月3日)

写真家:アンドリュー・ハラー/ブルームバーグ

  共和党のマコネル上院院内総務は弾劾裁判を早期に決着させたいかどうか手の内を明かしていなかったが10日には、双方の主張を聞いて十分に聴取した場合は証人からの証言なしで、上院の過半数で裁判を決着させることができると述べた。

  大統領を有罪とする判断を下すには上院議員の3分の2以上の票が必要だが、証人の必要性や直接採決に進む是非を決めるのは51人の票で済む。マコネル氏が証人の召喚を阻止するため51人の票を確保できるか、バイデン氏や内部告発者の召喚を求めるトランプ氏を共和党議員51人が支持するかどうかはまだ明らかではない。

原題:
GOP Senators Leaning Toward Quick Impeachment Trial for Trump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE