コンテンツにスキップする

イスラエル、1年で3度目の総選挙へ-政治的混乱続く

  • 9月のやり直し総選挙後、与野党いずれの代表も連立政権樹立に失敗
  • 新たな首相擁立期限切れ-国会は来年3月2日の総選挙巡り審議

イスラエルはここ1年足らずで3度目となる総選挙を実施することになった。ただ、ネタニヤフ首相の法的問題が密接に絡んでおり、政治危機の解消には至らない可能性がある。

Gantz to Get Month to Form Israel Coalition Ending Netanyahu Era

ガンツ元軍参謀総長

  9月のやり直し総選挙後、右派の与党リクードを率いるネタニヤフ首相と最大野党の中道政党連合「青と白」を率いるガンツ元軍参謀総長が相次いで連立政権樹立を目指したものの、いずれも失敗。国会は新たな首相候補の擁立期限を11日深夜に設定していたが、膠着(こうちゃく)状態のまま期限切れを迎えた。真夜中を過ぎても、国会では正式解散と来年3月2日の総選挙実施を巡り審議が続いていた。

Israel's Prime Minister Benjamin Netanyahu Statement At Knesset

ネタニヤフ首相

  ネタニヤフ首相は先月、収賄などの罪で起訴され、同国の政治危機が深刻化している。

原題:
Israel Heads to Third Election in Year as Dysfunction Persists(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE