コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル指数、5週間ぶり安値-FOMCがハト派傾斜

更新日時

11日のニューヨーク外国為替市場では、ドル指数が3日続落。米連邦公開市場委員会(FOMC)が政策金利を据え置いた後、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言がハト派的と受けとめられた。オーストラリア・ドルは1月以来の大幅高。リスクテーク意欲の持ち直しや金属相場の上昇が背景。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.3%下落。一時は0.4%下げ、11月4日以来の低水準を付けた。パウエル議長は近い将来の金利変更はないと強く示唆した
    • ドルは主要通貨の全てに対して下落。「ドット・プロット」にも注目が集まった
  • バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)のストラテジスト、ジョン・ベリス氏:
    • 「ドット分布は明らかにハト派寄りだ」
    • 「ドットに表されたコンセンサスでは、今後しばらくの間、緩和的な政策が見込まれる」
  • 主要10通貨では、安全逃避通貨の下げが目立った。ニュージーランド・ドルや北欧通貨など高ベータ通貨のロングポジションが選好された
  • FOMCは現在の金融政策スタンスについて、経済活動の持続的な拡大、力強い労働市場を支えるのに適切だと声明で表明
    • フェデラルファンド(FF)金利先物の動向によると、0.25ポイント利下げが完全に織り込まれているのは2021年上期まで
    • 11月の消費者物価指数(CPI)統計では、食品とエネルギーを除くコア指数が2カ月連続で前月比0.2%上昇となり、伸び率は市場予想と一致した
  • ニューヨーク時間午後4時45分現在、ドルは対円で0.2%安の1ドル=108円56銭。パウエル議長は、利上げには持続性のあるインフレ加速が必要だと発言
  • ドルは対ユーロで0.4%下げて1ユーロ=1.1131ドル
Greenback drops to lowest level in a month on dovish tilt

原題:Dollar Touches Five-Week Low on Fed’s Dovish Tilt: Inside G-10(抜粋)

USD/JPY Drops With UST Yields as Powell Focuses on Inflation(抜粋)

(相場を更新し、新たな情報を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE