コンテンツにスキップする

対中追加関税を発動しないことに「望み抱いている」-米農務長官

中国が大豆に関して追加関税を除外する手続きを取ったことは、米国との農産物貿易での進展を示すものだと、パーデュー米農務長官がワシントンでの記者会見で述べた。

  パーデュー長官は、米中の広範な貿易協議の第1段階合意に向けて続く交渉で、中国による農産物購入規模についてどの程度話し合いが進んでいるのか、自分は詳細を知らないと発言。

  期限である12月15日に米国が対中追加関税を発動しないことに「望みを抱いている」と語った。

原題:
USDA’s Perdue: China’s Easing on Soybean Tariffs Is Progress(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE