コンテンツにスキップする

ガンドラック氏、リセッション確率は低下-クレジット市場には警戒

  • 来年末までのリセッション入り確率は35%-9月時点では75%見込む
  • 民主党候補の弱さからトランプ大統領が再選と予想
Jeffrey Gundlach
Jeffrey Gundlach Photographer: Andrew Harrer/
Jeffrey Gundlach
Photographer: Andrew Harrer/

ダブルライン・キャピタルを率いるジェフリー・ガンドラック氏は、米リセッション(景気後退)の確率が後退したとの見方を示す一方、ドル下落のリスクは増しているとして米社債については警戒を促した。

  同氏は10日、来年末までのリセッション入り確率は35%との見方を示した。9月時点では75%とみていた。

  同氏はダブルライン・トータル・リターン・ボンド・ファンドについてのウェブキャストで、リセッション確率は「明らかに低下した」とし、この見方は「消費者信頼感が持ちこたえていることと、景気先行指標がゼロを下回っていないことに基づいている。景気後退の前には常にゼロを下回っていた」と語った。

  同氏はトリプルBクラスを中心に米社債市場のリスクを重ねて警告した。トリプルB級の社債が格下げされればジャンク級(投機的格付け)に転落し、ファンドマネジャーらが売りを余儀なくされるだろうと指摘した。こうした状況について行動するのに早すぎることはないとも述べた。ドル下落見通しに基づき投資適格級社債についてもリスクがあると指摘した。

  また、米大統領選挙では民主党候補の弱さからトランプ大統領が再選される可能性が高いとの見方を示した。

原題:
Gundlach Lowers Recession Risk Odds, Warns on Credit Market (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE