コンテンツにスキップする
Photographer: Daniel Acker/Bloomberg
cojp

シティ、アジアで女性のマネジングディレクター昇進加速-全体の31%

  • 指名された45人のうち14人が女性-昨年は8人のみで割合も21%
  • 法人・投資銀行部門では女性は1人だけと部門によってばらつきも
Signage is displayed in the window of a Citigroup Inc. Citibank branch in Chicago, Illinois, U.S., on Saturday, Oct. 12, 2019. Citigroup is scheduled to release earnings figures on October 15.
Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

米銀シティグループでは、アジアで女性のマネージングディレクターへの昇進が加速した。

  アジアで今年マネジングディレクターに指名された45人のうち、31%に相当する14人が女性だった。アジア太平洋地域最高経営責任者(CEO)のピーター・バベジ氏が社内文書で明らかにした。広報担当ジェームズ・グリフィス氏によると、昨年の新女性マネジングディレクターは8人のみで割合も21%にとどまっていた。

  文書によれば、新マネジングディレクターのうち17人は市場部門と法人・投資銀行部門所属で、残りは法務やリテール、その他のバックオフィス業務などの担当だった。

  市場部門の女性の新マネジングディレクターは男性の7人に対して2人。法人・投資銀行部門では女性は1人だけだった。

関連ニュース

トレーディングフロアを去る女性-「自覚なき差別」が閉ざす出世の道

原題:
Citigroup Picks Up the Pace in Appointing Female MDs in Asia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE