コンテンツにスキップする

【NY外為】FOMC控えドル指数下落、世論調査前にポンド上昇

更新日時

10日のニューヨーク外国為替市場ではドルが軟調。米連邦公開市場委員会(FOMC)は11日の定例会合後に政策金利据え置きを発表し、政策は適切だと示唆する見通し。主要10通貨の中ではポンドが高い。12日の英総選挙が近づくなか、この日遅くに重要な世論調査が発表される。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下し、この日の最低付近
  • 関税を巡っては強弱シグナルが交錯。米国は15日に発動を予定する対中関税引き上げを先送りするだろうと、中国の当局者はみている。一方でマルバニー米大統領首席補佐官代行は、15日に発動するかどうかは同日までの状況の推移によるところが大きいだろうと発言
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」に関して、米下院民主党は来週採決する計画。上院での採決は来年以降になる可能性も
  • 米民主党はトランプ米大統領の弾劾条項として権力乱用と議会妨害の2項を発表した。来週にも下院本会議で採決となる可能性が高い
  • マーク・カバナ氏らバンク・オブ・アメリカ(BofA)のストラテジストは「FOMCは今回、政策を変更するつもりがない」と顧客リポートで予想
    • 「10月会合以降に米当局が発信したメッセージは極めて明瞭だ。政策は適切で、金利を調整するには、見通しに重大な見直しが生じなくてはならない」
  • ニューヨーク時間午後4時35分現在、ポンドは対ドルで0.3%高い1ポンド=1.3184 ドル。一時は3月27日以来の高値となる1.3215ドルに上昇
    • ユーガブは英時間午後10時(日本時間11日午前7時)に最新の世論調査を発表
  • ユーロは対ドルで0.3%高い1ユーロ=1.1096ドル
    • ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた景気見通しを示す指数はプラス圏を回復し、数カ月続いた悲観的な見方が反転
  • ドルは対円で0.2%高い1ドル=108円76銭
    • 米国は中国に対する追加関税発動を先送りすると、中国側がみていることが明らかになると、円はこの日の安値に下げた

原題:USD Dips Before Fed; Pound Hits Highest Since March: Inside G-10(抜粋)

(相場を更新し、FOMCに関するストラテジストのコメントを加えます)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE