コンテンツにスキップする

トランプ氏、FBI長官に怒り心頭-監察官報告書への対応で

2016年の米大統領選挙に外国政府が干渉した疑惑で、連邦捜査当局(FBI)捜査の正当性を調査した米司法省の報告書が波紋を広げている。トランプ米大統領はレイFBI長官による同報告書の解釈を厳しく批判し、「あのような態度では、決してFBIを立て直すことはできない」と怒りをあらわにした。

  トランプ氏は「レイFBI長官がどの報告書を読んだのか知らないが、明らかに私が受け取ったものと同じ報告書ではない」とツイッターに投稿した。

  米司法省の監察官がまとめた調査報告は、トランプ陣営へのFBI捜査は政治的な動機によるものだとの批判を否定し、捜査は正当だったという内容。レイ長官は9日、米ABCニュースのインタビューで、「米司法省の監察官は今回の件に関して、適切な前提と権限を基に捜査が開始されたと判断した」とFBIを擁護していた。

原題:
Trump Scorns FBI Chief’s ‘Attitude’ Over DOJ’s Watchdog Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE