コンテンツにスキップする

ドイツZEW期待指数:12月は4月以来のプラス圏に浮上

  • 期待指数は12月に10.7と、18年初め以来の高水準-市場予想は0.3
  • 経済は依然としてかなり弱い-バンバッハZEW所長

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた景気見通しを示す指数は12月にプラス圏を回復した。数カ月続いたドイツ経済に対する悲観的な見方が反転した。

  ZEWが10日発表した今後6カ月間の期待指数は10.7と、2018年初め以来の高水準。4月以来で初めてプラスとなった。エコノミスト予想は0.3と、小幅のプラスが見込まれていた。

Investor confidence in German economic prospects improves

  ただしZEWのバンバッハ所長は、期待指数の急上昇は「ドイツの輸出と個人消費が従来予測よりも良好に推移するだろうとの希望的な見方に基づいている」と指摘、「経済は依然としてかなり弱い」と述べた。

原題:German Investors Turn Optimistic for First Time Since April(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE