コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
cojp

市場の不安は2020年春にピーク、米大統領選巡り波乱含み-UBS

  • UBSオコナーのラッセルCIOがNYの説明会で指摘
  • 選挙絡みのリスクは米国株とドルを圧迫する可能性-ブラウン氏
A view of Lower Manhattan from a Staten Island Ferry.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

2020年の米株式市場は大統領選挙が近づくにつれ波乱含みとなると、UBSグループのヘッジファンド部門UBSオコナーのケビン・ラッセル最高投資責任者(CIO)は見込んでいる。

  同CIOは9日、UBSのニューヨークオフィスでの説明会で、「不安は来年春にピークに達すると予想している」と述べた。 「大統領選を巡る不安材料の中心は、特に民主党の政策に関連して、ヘルスケアセクターだ」と指摘。同分野と金融サービス業界が「一部民主党候補者の非常に明白な2つのターゲットであり、恐らくボラティリティーが幾分高まるだろう」と解説した。

  また、UBSの資産運用部門でマルチアセット戦略責任者を務めるエバン・ブラウン氏は、選挙絡みのリスクは米国株とドルを圧迫すると同時に米国外の株式を押し上げる可能性があるとの見方を示した。世界経済が力強さを増すにつれて米国のイールドカーブがスティープ化するとも予想した。

  UBSの資産運用部門は「米大統領選および米経済政策が劇的に変化する可能性に関するニュースは米国株に大きな変動をもたらす公算が大きく、外国株に比べ不利になり得る」とリポートで分析した。

原題:
UBS Hedge Fund CIO Sees ‘Peak Anxiety’ Before U.S. Elections(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE