コンテンツにスキップする

アップル幹部が来年1月のCESに登壇-92年以来の正式参加

The Apple logo on a store in San Francisco.
The Apple logo on a store in San Francisco. Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
The Apple logo on a store in San Francisco.
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

アップルはラスベガスで来年開催される家電見本市「CES」に正式復帰し、新しいハードウエア製品を売り込む代わりに消費者のプライバシーに対する同社の姿勢を議論する。

  CESの予定によると、アップルのプライバシー担当シニアディレクター、ジェーン・ホーバス氏が1月7日に「最高プライバシー責任者の円卓会議」で話す。

  ホーバス氏はフェイスブックやプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の幹部や連邦取引委員会(FTC)の委員と共に、企業が規模、規制、消費者の要求に応じてプライバシーを構築する方法について議論する。

  アップルがCESに正式参加するのは1992年以来。同年にジョンソン・スカリー最高経営責任者(CEO)はCESのシカゴ版で個人用携帯情報端末「ニュートン」を発表していた。

  CESのホールでは毎年、アクセサリーメーカーがアップル製品のケースや周辺機器を展示する。アップル幹部はひそかに来場し、将来の技術を見定め、競争環境を調べている。

原題:Apple to Speak at CES Conference for First Time in Decades (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE