コンテンツにスキップする

ソフトバンクVF、ワグへの出資引き揚げ-持ち分全てを会社側に売却

  • ビジョン・ファンドは昨年約330億円投資、持ち株比率50%弱だった
  • ワグは資金注入後もライバルのローバーとの競争で苦戦

ソフトバンクグループのビジョン・ファンドは、犬の散歩代行アプリを手掛ける新興企業ワグ・ラブズへの出資を解消し、50%近い持ち分をワグに売却する。ワグは現在、人員削減を進めている。

  ワグが9日に従業員に送付した文書によると、同社は合意の一環としてソフトバンクGに割り振られていた取締役2人のポストを取り戻す。合意条件や、人員削減の規模は公表しなかった。

  ビジョン・ファンドの広報担当は株式売却を認めたが、それ以上はコメントしなかった。ワグの広報担当はコメントを控えた。ソフトバンクの出資引き揚げについては米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に報じていた

  ビジョン・ファンドは昨年初め、ワグへの3億ドル(約330億円)投資を発表。ソフトバンクGはその後、他の投資先であるウーバー・テクノロジーズやウィーワークなどの不採算企業への支援や追加出資を迫られた。ワグのヒラリー・シュナイダー最高経営責任者(CEO)は先月辞任し、後任には29歳のプロダクト・パートナーシップ担当バイスプレジデント、ギャレット・スモールウッド氏が就いた。

  ワグは資金注入を受けて積極的に投資を行ったが、ライバルのローバーとの競争では苦戦していた。新規顧客向け販促策の縮小も業績に響いた。事情に詳しい複数の関係者が最近明らかにしたところでは、ワグは10月にもソフトバンクの投資額を下回る評価額で身売りを検討した。関係者の1人によると、ワグは今年の早い時期に手元資金約1億ドルを保有していた。

原題:SoftBank Sells Stake in Dog-Walking App Wag Back to the Company(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE