コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル下落、対中関税期限や欧米中銀の政策会合控え

更新日時

9日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが下落。中国への追加関税発動期限が迫る中、米連邦公開市場委員会(FOMC)と欧州中央銀行(ECB)政策委員会を控えた市場では、神経質なムードが続いている。トランプ政権と下院民主党が米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)を巡り暫定的に合意したとの関係者情報が伝わり、カナダ・ドルは堅調。

  • 主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下。先週は週間で0.7%下げていた。
  • 米国株式相場の下落を背景に、スイス・フランのコール需要が加速
  • 12日の英総選挙も注目材料の一つ。世論調査では与党保守党の過半数獲得が示唆され、ポンドを引き続き支援
  • ニューヨーク時間午後4時半現在、ユーロは対ドルで0.1%未満高い1ユーロ=1.1064ドル
    • この日の高値は1.1078ドル
    • 55日移動平均と21日移動平均が収束する1.1045ドルに、強いテクニカルな支持線
  • ドルは対円で0.1%未満高い1ドル=108円62銭。一時は0.1%下げた
    • ドル・円のプット需要と日本勢からのドル売り気配で、円は一時押し上げられた。日本のトレーダーによると、108円40銭に支持線。200日移動平均の108円85銭が直近の抵抗線
    • 年末特有のドル調達圧力が3週間物フォーワード取引で顕在化
  • 米ドルは対カナダ・ドルで0.2%安

原題:Dollar Slips as Investors Eye Trade, Central Banks: Inside G-10(抜粋)

(相場を更新し、ユーロ・ドルとドル・円について詳細を加えます)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE