コンテンツにスキップする

アップルのサプライヤー、投資判断2段階上げ「買い」指定-BofA

  • 5G移動通信技術を背景に大幅な成長の可能性
  • 携帯端末のアップグレードで「部品は急成長」へ-BofA予測

バンク・オブ・アメリカ(BofA)は米アップルのサプライヤー、コルボスカイワークス・ソリューションズの株式投資判断を「買い」に指定し、従来の「アンダーパフォーム」から2段階引き上げた。第5世代(5G)移動通信技術を背景に両社には大幅な成長の可能性があるとみている。

  約14億台のスマートフォンを「アップグレードするために必要な部品で急成長」が見込まれるほか、「数億台」のデバイスが「インターネット・オブ・シングズ(IoT)」につながることから、BofAは5Gを「半導体業界で投資妙味の高い分野」とみている。

  9日の米国株式市場でコルボの株価は一時4.4%高。このままの水準で引ければ、株式公開以来の最高値を更新する。スカイワークスは一時4%高。2018年3月以来の高値に上昇する場面もあった。

BofA sees big growth for Qorvo and Skyworks

原題:Apple Suppliers Qorvo and Skyworks Twice Raised on 5G Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE