コンテンツにスキップする

HSBC、クイン暫定CEOが経営陣刷新-COOや投資銀トップ交代

  • 投資銀部門を10年率いたアサフ氏は法人向けバンキング事業の会長に
  • マグワイアCOOの後任には、元HPE幹部のヒンショー氏

HSBCホールディングスのノエル・クイン暫定最高経営責任者(CEO)は経営陣刷新を加速させている。最高執行責任者(COO)は退社し、投資銀行部門トップは別の役職に移る。

  HSBCが9日発表したところによると、アンディ・マグワイアCOOは1月に退職し、米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)元幹部のジョン・ヒンショー氏が後任に就く。マグワイア氏は5年間、COOの地位にあった。また最高リスク責任者はマーク・モーゼス氏から、ホールセール市場および信用リスク責任者を現在務めるパム・カウル氏へと交代する。

  投資銀行部門であるグローバル・バンキング&マーケッツ(GBM)では、責任者のサミル・アサフ氏が3月に退任。後任はグレゴリー・ガイエット、ジョルジュ・エレデリーの両氏が共同で務める。この人事について、ブルームバーグは先週報じていた。同部門を約10年にわたって率いてきたアサフ氏は、法人・機関投資家向けバンキング事業の会長に就任する。

  クイン氏自身の将来も不透明だ。同氏は暫定ではなく正式なCEOへの就任を目指しており、次期CEO候補の最右翼とされる。取り組みを進めている事業再編では、一部事業の閉鎖やフランスのリテール事業などの売却が盛り込まれ、2月の通期決算発表時に詳細が発表される予定だ。

原題:
HSBC’s Quinn Replaces Executives in Sweeping Overhaul (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE