コンテンツにスキップする

中国の乗用車販売、11月も前年割れ-2年連続の減少が確実な情勢

  • 11月の販売台数速報値、前年同月比4.2%減の197万台-乗連会
  • 今年6月を除き先月までの18カ月のうち17カ月で減少

中国の乗用車販売台数が11月も前年割れとなり、世界最大の自動車市場で2年連続の販売減少がほぼ確実な情勢だ。

  全国乗用車市場情報連合会(乗連会)が9日発表した11月のセダンとスポーツタイプ多目的車(SUV)、ミニバン、多目的自動車(MPV)を合わせた販売台数(速報値)は前年同月比4.2%減の197万台。

  在庫処分のためディーラーが大幅値引きをした今年6月は販売台数が前年水準を上回ったが、同月を除き先月までの18カ月のうち17カ月で減少した。

  一方、ハイブリッド車や高級車需要に支えられ、トヨタ自動車やBMWなどのグローバルブランドは比較的健闘している。

Falling Down

Carmakers are battling an unprecedented slump in China's auto market

Source: China Passenger Car Association

原題:
China’s Historic Car Slump Drags On as Sales Plunge in November(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE