コンテンツにスキップする

ニュージーランド北島沖の火山が噴火、5人死亡負傷者多数

更新日時
  • 噴火当時、島や周辺には約50人がいた-警察当局
  • 危険性が今も続いており、救出作業は難航している

ニュージーランド北島の東約48キロメートルに位置する海洋活火山「ホワイトアイランド」が9日に噴火した。これまでに5人の死亡が確認され、負傷者も多数報告された。噴煙は数千メートルの高さまで上っている。

  警察当局によると、噴火は現地時間午後2時11分(日本時間午前10時11分)に発生、当時は観光客など約50人が島や周辺にいた。ジョン・ティムス警察副長官はテレビ会見を行い、5人の死亡を確認し、多くの負傷者が病院に搬送されたと発表した。

  同副長官によると、噴火に伴う危険性が今も続いていることから救急隊が現地に近づくことができず、取り残された人の救出作業が難航する中、生存者数の確認を急いでいる。

  ニュージーランド・ヘラルド紙は、この日ホワイト島を訪れていた人の多くはクルーズ船の乗客だったと報じた。

  アーダーン首相は状況が刻一刻と変わっていると話し、9日夕方に現場付近に向かうと述べた。首相は記者会見で「噴火当時に島や周辺にいた人たちの安否について多大な心配や不安があることを理解している」と述べた。

  政府機関ジオネットによると、噴火による噴煙は上空約3600メートルの高さまで上った。噴火警戒レベルは一時「2」から、上から2番目の「4」に引き上げられた。現在は「3」となっている。

relates to ニュージーランド北島沖の火山が噴火、5人死亡負傷者多数

海洋活火山ホワイトアイランド

原題:Five Dead After Volcano Erupts Off New Zealand’s East Coast (4)(抜粋)

(最新情報を加えて書き換えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE