コンテンツにスキップする

ジェフリーズ、CLSAから十数人起用でアジア事業強化へ-関係者

  • CLSA株式部門のアナリストや販売担当、トレーダーが主な対象
  • これまでにCLSAの前CEOを含む約50人がジェフリーズに移籍

米金融サービスのジェフリーズ・フィナンシャル・グループCLSAのインド部門から十数人の専門家を引き抜こうとしていると事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ジェフリーズは今年に入り、香港や日本、オーストラリアでの人材採用を増やしている。

  情報が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところでは、ジェフリーズはCLSAの株式部門から調査責任者アーシシ・アガルワル氏を含むアナリストやセールス担当、トレーダーを起用する。アナリストのプラハル・シャルマ氏とストラテジストのマヘシュ・ナンドゥルカル氏も採用される。

  ナンドゥルカル氏はコメントを控えた。他の2人に電子メールでコメントを求めたが、今のところ回答はない。

  ジェフリーズはアジア事業の強化を進めつつあり、株式調査・セールス・トレーディング業務を拡大している。ジェフリーズがこれまでに雇い入れたCLSA出身者は約50人。CLSAでは、親会社である中国の中信証券の経営陣と対立する中、人材流出が続いている。CLSAで最高経営責任者(CEO)を務めていたジョナサン・スローン氏は7月にジェフリーズに移籍した。

  ジェフリーズとCLSAの担当者からのコメントはすぐには得られなかった。

原題:Jefferies Steps Up Asia Expansion by Hiring a Dozen From CLSA(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE