コンテンツにスキップする

米消費者マインド指数が7カ月ぶり高水準、株高が高所得者に恩恵

更新日時

12月の米ミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は7カ月ぶりの高さに上昇した。最高値圏で推移する株式相場が消費者の楽観を高め、購入意欲を改善させた。11月の雇用統計に続いて、米国経済の明るい兆候となった。

キーポイント
  • 12月のミシガン大消費者マインド指数(速報値)は99.2
    • ブルームバーグ調査のエコノミスト予想は97.0
    • 前月は96.8
  • 12月の現況指数は1年ぶり高水準の115.2。期待指数は7月以降で最高の88.9

インサイト

  • 消費者マインドの改善は高所得世帯に集中。11月後半に最高値を更新した株式相場からの恩恵が大きいことが背景
  • 8月に関税の経済への影響が懸念され、指数は約3年ぶり低水準をつけた後、4カ月連続で上昇
  • 支持する政党別の認識の差はより鮮明に。共和党支持者のセンチメントはトランプ氏の大統領就任以降で最高に達したが、民主党支持者のセンチメントは低下
  • 家庭向け耐久財の購入環境に関する指数は、1年ぶりの高さ。雇用と所得の見通しが自動車の購入姿勢を強めている
  • ミシガン大学消費者調査のディレクター、 リチャード・カーティン氏:
    • 「12月初めのマインド改善のほとんどは、高所得者層で起きた。この層の家計資産も記録的な増加が報告されている。主因は株価上昇で、主に退職後の蓄えを潤している」

詳細

  • 5年先のインフレ期待は低下、過去最低に並ぶ2.3%。1年先のインフレ期待は2.4%に低下(前月は2.5%)
  • 統計表

原題:
U.S. Consumer Sentiment Hits Seven-Month High Amid Stocks Cheer(抜粋)

(統計詳細やミシガン大の見解を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE