コンテンツにスキップする

ドイツ、10月の鉱工業生産が大幅減-製造業回復の脆弱性浮き彫り

ドイツでは10月の鉱工業生産が予想に反し2カ月連続の減少となった。製造業回復の脆弱(ぜいじゃく)性が浮き彫りになった。

  6日発表された10月の鉱工業生産指数は前月比1.7%低下と、4月以来の大幅悪化。予想は0.1%上昇だった。前日発表の製造業受注指数も予想外の低下となっていた。

German industry has suffered from global trade tensions, Brexit

  経済省は「製造業の勢いは引き続き弱いものの、受注と企業の期待に関する最近の展開は、今後数カ月に安定化トレンドが定着する可能性を示唆している」とコメントした。

10月九月
製造業-1.7%-1.3%
基本剤1.0%-1.1%
投資財-4.4%-1.6%
消費財0.3%-0.8%
エネルギー2.3%0.2%
建設-2.8%2.5%

原題:
German Industry Gets Reminder of Fragility as Output Drops (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE