コンテンツにスキップする

ガートマン氏最後の助言は「売れ」-現金保有は60%以上に高めよ

  • 株式投資は過去2-3年との比較で縮小すべきだ
  • 30年続けた「ガートマン・レター」廃止を先週発表

投資について30年間、毎日続けたニュースレターの廃止を決めたデニス・ガートマン氏の最後のアドバイスは「売れ」だ。

  「ガートマン・レター」をやめると先週発表した同氏は、トランプ米大統領が仕掛ける複数の貿易戦争や他の脅威を理由に、現金保有の拡大を勧めた。

Bloomberg Hedge Funds Summit

デニス・ガートマン氏

写真家:ピーター・フォーリー/ブルームバーグ

  「大きな利益を確定し、株式への関わりは過去2-3年との比較でずっと小さくすべきだ」と電話インタビューで語った。株式相場がピークを付けたかどうかは明言を避けたが、資産の60%以上を現金で保有するよう勧めた。

  トランプ政権の保護主義的な政策を批判してきたガートマン氏は、貿易戦争は経済に害を及ぼすとし、トランプ氏のように貿易戦争を仕掛けてばかりいれば、「良い結果にはならない」と述べた。「米国は過去50年間、世界に対して貿易赤字を抱えてきたが、明らかに50年前よりも住みやすい国になっている」と指摘した。

  株価は「甚だしく高くなった」とした上で、自身のポジションは「まだ少しネットロングだが、その度合いは以前よりも顕著に小さく、今日にもさらに小さくしようと考えている。数日後にはネットショートにすると言い出すかもしれない」と語った。

  ガートマン氏のニュースレターはヘッジファンドや銀行、証券会社などが購読していた。

原題:
In Parting Shot, Dennis Gartman Tells Investors to Get Into Cash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE