コンテンツにスキップする

NZ中銀副総裁、銀行資本規制は景気回復の妨げにはならない

ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)のバスカンド副総裁は6日、銀行に自己資本比率引き上げを求めた同行の新規制について、景気回復入りが近いとみられる同国経済に逆風をもたらすことはないとの認識を示した。

  同副総裁はウェリントンでのインタビューで、銀行の資本バッファー引き上げによる「大きな経済的影響を見込んでいない」と述べた。さらに、最近の動向は景気サイクルの「転換点に近い、ないしはその周辺との見方を支えている」と語った。

関連記事

【豪・NZ市場】NZドル上昇、中銀高官発言受け

NZ中銀、各行は7年で資本バッファー引き上げを-移行期間延長 (1)

原題:
RBNZ Says Bank Capital Rules Won’t Interrupt Economic Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE