コンテンツにスキップする

テスラ株は50%高も、サイバートラックと中国好調なら-モルガンS

  • サイバートラックの予約注文は25万台とマスク氏はツイート
  • 伝統的な自動車メーカーとして認識され得るとしてジョナス氏は慎重

電気自動車(EV)メーカー、米テスラ株は、新型電動ピックアップトラック「サイバートラック」が好調で中国での販売ペースが上向けば、最大500ドルに上昇する可能性がある。モルガン・スタンレーのアナリスト、アダム・ジョナス氏が5日、顧客向けリポートで指摘した。

  ジョナス氏は、最も楽観的なシナリオとしてテスラの株価を440ドルから500ドルに引き上げ、うち20ドルは11月に発表された新型ピックアップトラック、40ドルは中国での販売台数と利益の増加が材料だと説明した。

  同氏は、サイバートラックが2024年末までに平均価格5万ドル(約543万円)で10万台売れ、EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)マージンは20%を想定する。また中国について、モルガン・スタンレーは販売が20万台に伸びると見込む。

  イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はサイバートラックの予約注文は25万台に達しているとツイートしているものの、予約注文の手軽さを勘案し、ジョナス氏は24年までに実際の販売に至るのはそのうちの40%程度と見積もる。

  ただ、長期的にテスラは伝統的な自動車メーカーとして市場に認識され得るとの見方がジョナス氏を慎重にしており、今後1年間の目標株価を250ドル、投資判断を「ホールド」相当にそれぞれ据え置いた。

原題:Tesla May Pop 50% If China, Cybertrucks Succeed, Analyst Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE