コンテンツにスキップする

トヨタ、ハイブリッドモデルの在庫確保が最大の課題-北米部門幹部

From

トヨタ自動車はハイブリッド車の販売に問題を抱えている。十分な在庫を確保できないことだ。

  北米統括会社トヨタ・モーター・ノース・アメリカ(TMNA)の幹部ボブ・カーター氏は5日、デトロイトでのイベントで記者団に対し、「ハイブリッド車の販売を妨げているのは生産能力だけだ。カローラとRAV4のハイブリッド版を十分に生産できない」と語った。

Inside Automobility LA Ahead Of The Los Angeles Auto Show

トヨタのRAV4・XSEハイブリッド

撮影:パトリック・T・ファロン/ブルームバーグ

  競合他社の多くがハイブリッド車に背を向け、バッテリー駆動車に多額の資金を注ぎ込む中、トヨタのハイブリッド14モデルへの需要は急増している。トヨタのハイブリッド車は先月のトヨタとレクサス両ブランド合わせた米国販売全体の13%を占め、稼ぎ頭のコンパクトSUV(スポーツタイプ多目的車)「RAV4」は全体の4分の1近くを占めた。

  トヨタにとってRAV4ハイブリッドモデルの販売台数を倍増させるのは簡単かもしれないが、同モデル向けに十分なバッテリーを調達できないとカーター氏は指摘。現在の在庫で賄える供給は11日分と、ガソリン車モデルの20日強を下回っている。

原題:
Toyota’s Biggest Problem Is Keeping Hybrid Car Models in Stock(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE