コンテンツにスキップする

北米日産が米国部門を年明け2日間休業に、無給で自宅待機-業界誌

北米日産は、販売が減少する米国部門全体で2日間の無給の自宅待機を来月実施する。日産のホセ・バルス執行役副社長(北米日産社長)が出した従業員宛ての内部文書を引用し、米自動車業界誌オートモーティブ・ニュースが報じた。

  バルス執行役副社長は内部文書で、出張旅費の50%削減も即日実施すると明らかにしたという。

  オートモーティブ・ニュースによれば、新年休暇の後、来年1月2日と3日も休業し、米国の全ての従業員が2日間無給となる。それに伴い月次払いの従業員の1月の月給は、9.2%減る見通しだとバルス氏は文書で伝えた。

  日産はオートモーティブ・ニュース対し、幹部は取材に応じられないとしており、広報担当者は現時点でレイオフの計画はないと述べた。

原題:Nissan Orders 2-Day Furlough for U.S. Workers: Automotive News(抜粋)

      最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE