コンテンツにスキップする
Subscriber Only

仏ケリングが伊モンクレールと予備協議、買収模索で-関係者

  • 上級幹部が交渉も買収につながるかどうかは確実ではない
  • モンクレール株価は年初来33%上昇、時価総額は約1兆2000億円

高級ブランド「グッチ」を展開するフランスのケリングが、イタリアのスキーウエアメーカー、モンクレールと買収の可能性を巡り予備協議を持った。事情を知る複数の関係者が明らかにした。

  情報は非公開だとして匿名で話した同関係者によると、両社の上級幹部は統合を巡る予備協議を行った。ただし、交渉が買収につながるかどうかは確実ではないという。

  モンクレールの株価は年初から今月4日までに33%上昇し、時価総額は約100億ユーロ(約1兆2000億円)。同社買収には、ケリングの創業者フランソワアンリ・ピノー最高経営責任者(CEO)がモンクレールの筆頭株主でもあるレモ・ルッフィーニ会長兼CEOの納得を得る必要がある。

2019 LACMA Art + Film Gala Honoring Betye Saar And Alfonso Cuarn Presented By Gucci - Red Carpet

フランソワアンリ・ピノー氏

Photographer: Neilson Barnard/Getty Images for LACMA

  ブルームバーグ集計データによると、ルッフィーニ氏が管理する投資事業体はモンクレール株の22.5%を保有。ケリングの担当者はコメントを控えた。モンクレールの担当者からは営業時間外でコメントを得られていない。

Moncler SpA Chief Executive Officer Remo Ruffini Interview At Milan Fashion Week

レモ・ルッフィーニ氏

写真家:Alessia Pierdomenico / Bloomberg

原題:
Kering Is Said to Hold Exploratory Talks on Deal for Moncler (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE