コンテンツにスキップする

エクスペディアのCEOとCFOが辞任、取締役会と対立-株価急伸

  • オカストロム氏は17年8月にCEO就任-その後、株価は約38%下落
  • エリック・ハート最高戦略責任者を暫定CFOに就ける人事も発表

オンライン旅行会社、米エクスペディア・グループのマーク・オカストロム最高経営責任者(CEO)とアラン・ピカリル最高財務責任者(CFO)が辞任した。会社の方向性を巡る取締役会との対立が背景。後任の人選を進める間、取締役会のバリー・ディラー会長とピーター・カーン副会長が暫定的に指揮を執る。

Key Speakers At The Wall Street Journal D.Live Conference

バリー・ディラー氏

Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

  4日の米株式市場でエクスペディア株は一時、前日比10%高となった。終値は6.2%高の105.56ドル。

  ディラー氏(77)は4日付の発表文で、「上級幹部と取締役会の間で戦略を巡る不一致があった」と説明。同氏は「エクスペディアの長期的な将来への信頼とそれにコミットしていく具体的な証拠」として、同社株の追加購入を行う意向を明らかにした。

  エクスペディアは、エリック・ハート最高戦略責任者を暫定CFOに就ける人事も発表した。

  オカストロム氏は同社に13年間在籍。CFOを務めた後、2017年8月にCEOに就任。その後、株価は約38%下落していた。

原題:Expedia CEO, CFO Resign After Clash With Diller; Stock Jumps(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE