コンテンツにスキップする

輸出依存の新興国債券売りに警戒を-米国債弱気派が報われるなら

更新日時
  • 米5年債利回りの動きに最も感応度高いのはタイ、南ア、韓国
  • インドとロシアは連動性ほぼない-ブルームバーグ分析

2020年は米国債弱気派がついに報われる年になるだろうか。

  そうなった場合、新興国市場ではタイと南アフリカ共和国、韓国の債券が最も売られやすく、インドとロシアが最も影響を受けにくい。ブルームバーグの分析が示した。

  この分析では、世界の新興13カ国の債券市場について米5年債利回りの動きに対する感応度を調べた。米5年債との連動性が最も高いのは輸出依存度が高めの国。一方、コモディティー価格への依存が強く、貿易への依存度が低いインドやロシアは最も連動性が小さいことが分かった。

  調査は2011年半ば以降、米5年債利回りが2週間で35ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)を超える動きとなった7つの期間を対象とした。以下の表は、それぞれの国の債券が平均でどれだけ動き、どの程度の連動性が見られたかを示したもの。調査手法の詳細についてはこちら。

動きの幅(bp)

米5年債の1bpの動きに対

し、平均でどれだけ動いたか

連動性(レシオ)

平均の動き/

すべての動きの標準偏差

連動性が極めて高い

タイ0.362.62
南アフリカ共和国0.702.38
韓国0.472.25

やや連動性あり

メキシコ1.021.36
ポーランド0.450.93
ブラジル0.570.75
トルコ1.030.72
インドネシア0.600.71
マレーシア0.480.68
中国0.150.52

連動性なし

ハンガリー0.260.44
インド0.120.29
ロシア-0.49-0.37
出典:ブルームバーグ

  

  米国債利回りについては、米景気改善の兆しが強まる中で急上昇リスクはあるものの、エコノミストらの20年末時点の10年債利回り予想は1%から2.5%まで幅広い。  

原題:
Here’s the Emerging Market Debt Most Exposed to U.S. Yield Shock(抜粋)

(最終段落に米国債の2020年利回り見通しを加え、見出し含めて更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE