コンテンツにスキップする

気候変動問題、企業の対策費用は約271兆円に-アリアンツが試算

気候変動問題の対策は、今後10年間で企業に2兆5000億ドル(約271兆円)近い負担を強いる。ドイツの保険会社アリアンツが試算した。

  アリアンツは地球温暖化を抑制するために導入された、もしくは検討中の重要な取り組みを分析した。その結果、エネルギーセクターだけで9000億ドルの追加費用が発生する。今後さらに排ガス規制や業界規制が導入された場合、この数字はさらに跳ね上がる可能性があるという。

Cost of Fighting Climate Change

  スペインのマドリードでは国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)が開かれ、2015年に締結されたパリ協定の始動に向けて約200カ国の代表者が協議している。

  アリアンツのチーフエコノミスト、ルドビク・スブラン氏は「将来に気候中立の経済システムに戻す必要性は喫緊の課題だが、そのための変革は高い費用を伴うため、国と企業の緊密な協力が必要だ」と述べた。

原題:Fighting Climate Change Comes With $2.5 Trillion Price Tag(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE