コンテンツにスキップする

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • 米中交渉順調とトランプ氏、米サービス業と民間雇用は景気減速示唆
  • 日米貿易でトランプ氏署名へ、温暖化271兆円、アラムコIPO価格

「私たちに生きることを教えてくれた」。アフガニスタンで銃弾に倒れた中村哲医師を追悼する現地の声をニューヨーク・タイムズ紙が報じています。「長老のような人だ」と伝えたのはワシントン・ポスト紙。水と命のために生涯を捧げた中村氏。惜しむ声は世界に広がっています。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

人権は影響せず

トランプ米大統領は米中の交渉が非常に良好に進んでいると述べた。これより先、米中は第1段階の貿易合意に盛り込む関税の巻き戻し幅で一致に近づいていると、関係者らが明らかにした。合意を急がない姿勢を示した3日の大統領発言はその場の思い付きだという。中国側の関係者によれば、香港や新疆ウイグル自治区の人権問題は通商交渉に影響しない公算が大きい。

減速の足音

米供給管理協会(ISM)が発表した11月の非製造業総合景況指数は、市場予想より大幅に低下。業況指数は2010年以来の低水準。ただ雇用と新規受注の指数は上向いた。これより先、ADPリサーチ・インスティテュートが発表した11月の米民間雇用者数は、6カ月ぶりの低い伸びにとどまり、米景気減速の可能性を示唆した。

1月1日発効

米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は、日米貿易協定の発効を宣言するための関連文書にトランプ大統領が来週にも署名すると声明で明らかにした。共同通信によれば、トランプ大統領はこれより先、日本との合意は部分的な合意で、残りは来年になるとロンドンで記者団に話した。

地球を救うコスト


気候変動問題の対策は、今後10年間で企業に2兆5000億ドル(約271兆円)近い負担を強いると、アリアンツが試算。エネルギーセクターだけで9000億ドルの追加費用が発生し、今後の規制次第でこれらの数字はさらに跳ね上がる可能性があるという。チーフエコノミスト、ルドビク・スブラン氏は「高い費用を伴うため、国と企業の緊密な協力が必要だ」と述べた。

アリババ抜き

サウジアラムコは新規株式公開(IPO)価格を仮条件の上限で考えている。関係者によれば、アラムコは1株当たり32リヤル(約927円)でのIPOを協議した。仮条件は30-32リヤル。実現すればアラムコの調達額は256億ドル(約2兆7800億円)と、中国のアリババ・グループ・ホールディングを抜いて過去最高となる。

その他の注目ニュース

米国が対仏関税実施ならEUは合同で反撃も、対応策を協議-当局者

バイデン氏、アマゾンなどを標的-富裕層や企業の増税を計画

プーチン大統領、宇宙戦争への備えに意欲-米国に対抗

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE