コンテンツにスキップする

【米中ウオッチ】人権法案再び、期限設けず、マリオ上陸、旅人に人気

米中を巡る主なニュースは以下の通り。それぞれの記事を読むには、青地のリンクをクリックしてください。

  • 米下院、ウイグル人権法案可決-中国政府当局者を制裁対象に
  • 中国、新疆ウイグル自治区巡る米法案にさらに対応へ-詳細示さず
  • トランプ氏、中国との貿易合意「期限はない」-大統領選後でも良い
  • 米政府、12月15日の対中関税発動に変更なし-FOX
  • マリオが中国上陸、任天堂スイッチが10日発売-ライトも投入へ
  • 米国、ファーウェイ対策で資金確保へ-ノキアなど競合企業に恩恵か
  • 香港経済見通し、11月に一段と悪化-抗議活動やマクロ環境が響く
  • 香港、旅行先として人気最高のタイトル維持か-抗議活動の混乱でも
  • 中国、米国製半導体の在庫積み増し-「シリコンのカーテン」警戒か
  • 中国の社債デフォルト、1.85兆円に-年間ベースで過去最高の更新間近
  • 中国:11月の財新コンポジットPMIは53.2-前月52
  • 中国:11月の財新サービス業PMIは53.5-予想51.2
  • アップル株、一時8月以来の大幅下落-貿易巡る米中の緊張再び高まり
  • トランプ政権の「悪い警官」が語る勝利の方程式、WTOなど改革追求
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE