コンテンツにスキップする

中国が読解力・数学・科学の3分野でトップ-OECDの15歳学力調査

  • 中国からは北京、上海両市と江蘇、浙江両省の生徒が参加
  • 読解力では中国の下位10%ですらOECD平均より成績が良かった

15歳の学力を測る経済協力開発機構(OECD)の学習到達度調査(PISA)で、中国が読解力と数学的応用力、科学的応用力の3分野でいずれもトップとなった。

  PISAは3年ごとに行われる。79カ国・地域の60万人を対象とした最新調査には、中国からは北京、上海両市と江蘇、浙江両省の生徒が参加した。

  家計所得が加盟国平均を大きく下回る中国だが、科学的応用力と数学的応用力が他国を大きく上回った。読解力では中国の下位10%ですらOECD平均より成績が良かった。グリアOECD事務総長は「今日の学校の質が明日の経済の力を生む」と指摘した。

A League of Their Own

China and Singapore scored significantly higher in reading than all others

Source: Organization for Economic Cooperation and Development

Note: *Map displays mean points achieved by a country or economy. China score is for Beijing, Shanghai, Jiangsu and Zhejiang; Azerbaijan is for Baku

  同事務総長はまた、「PISAが2000年に初めて実施されて以降、ほとんどのOECD加盟国で生徒の成績に実質的な改善が見られないのは残念だ」ともコメントした。

Overcoming Obstacles

Socio-economic background plays a greater role in reading achievement in some countries

Source: Organization for Economic Cooperation and Development

Note: China result is for Beijing, Shanghai, Jiangsu and Zhejiang; Azerbaijan is for Baku

原題:
China’s Schoolchildren Are Now the Smartest in the World(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE