コンテンツにスキップする

ファーウェイ、研究センターを米国からカナダに移す計画-グローブ紙

  • 5G機器の生産では新たな設備を欧州に建設したいと任正非CEO
  • 任CEOがグローブ&メールのインタビューに応じた

トランプ米政権からの風当たりが強まる中で、中国の華為技術(ファーウェイ)は事業拠点の分散化を図るため、研究開発センターを米国からカナダに移すとともに、一部の第5世代(5G)移動通信関連機器を欧州で製造する計画だ。カナダ紙グローブ・アンド・メールが3日報じた。

  任正非最高経営責任者(CEO)が同紙とのインタビューに中国から応じ明らかにした。カナダでの従業員は今年300人増え計1200人になったとも説明した。

  米国が設けた制約によって従業員との意思疎通が難しくなったことから、ファーウェイは米国での従業員数を600人減らし250人とした。任氏によれば、米国での事業計画責任者は実際にはオタワで働いている。

  任氏はまた、世界展開を強化する計画の一環として、5G機器の生産でほぼ自動化された新たな設備を欧州に建設したいと話し、こうした中国からの製造シフトは同社に対する欧州での信頼性を高める可能性があると指摘した。

原題:
Huawei CEO Plans to Move Research Facility to Canada: Globe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE