コンテンツにスキップする

アマゾン、ベライゾンと提携-5Gで低遅延エッジコンピューティング

  • 日本ではKDDIと提携、マイクロソフトはAT&Tと組む
  • 顧客に近い側で迅速処理するエッジコンピューティング市場は有望

アマゾン・ドット・コムのクラウドサービス部門は第5世代(5G)移動通信の低遅延サービス提供で、ベライゾン・コミュニケーションズと提携した。あらゆるモノがインターネットとつながる時代に遠隔地のサーバーからの反応を待つことなく、利用者により近い側でデータを迅速処理する「エッジコンピューティング」分野で優位に立ちたい考えだ。

  アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)はウエーブレングスと呼ぶ同サービス提供を3日にシカゴで開始した。ゲーム開発を手掛けるゼニマックス・メディア傘下のベセスダ・ソフトワークスなどが契約している。

  次世代ゲームやロボット管理、自動運転を可能にさせるエッジコンピューティングの市場規模は、業界アナリストのチェタン・シャーマ氏によれば2030年までに4兆ドル(約434兆円)が見込まれ、マイクロソフトAT&Tと提携。両社は今年、ダラスでAT&Tの5Gネットワークを利用するサービスを始めた。

  アマゾンはベライゾン以外の通信業者とも提携し、エッジコンピューティングのサービスを他国に広げる計画。AWSはKDDIと提携したと両社が発表した。

Verizon CEO Vestberg Says Amazon 5G Pact Is a Win-Win for Both Companies

5G提携は両社にとってウィン・ウィンだとベライゾンCEO

(出典:ブルームバーグ)

原題:
Amazon, Verizon Partner to Push Computing to Millions of Devices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE