コンテンツにスキップする

マリオが中国上陸、任天堂スイッチが10日発売-ライトも投入へ

更新日時
  • 価格は2099人民元、20年に10ー20タイトルの販売を目指す
  • 今期業績予想に中国販売分は織り込んでいない

任天堂の家庭用ゲーム機スイッチが中国で10日に発売される。任天堂と提携先の中国テンセント・ホールディングス(騰訊)が4日発表した。

  発表によると、価格は2099人民元(約3万2000円)。「NEWスーパーマリオブラザーズUデラックス」を同時に発売し、その後も人気ソフトを投入する。任天堂の広報担当者によれば、2020年に10ー20タイトルの販売を目指す。携帯専用の廉価版スイッチライトの発売も準備している。  

  任天堂はテンセントと提携して当局への申請などを進めてきた。世界最大のゲーム市場である中国ではスマートフォンやパソコン向けが中心で、専用機はほとんど販売されていない。任天堂は据え置き型と携帯型の機能を兼ね備えるスイッチで市場を開拓する。

Nintendo Opens The First Official Nintendo Store In Japan

中国での発売が決まったスイッチ

  今期(2020年3月期)のスイッチ販売目標はゲーム機本体が1800万台、ソフトは1億2500万本。発売時期が不透明だったため、今期業績予想に中国販売分は織り込んでいない。

  中国には、これまでソニーや米マイクロソフトも参入したが、販売実績はごくわずかにとどまる。任天堂も03年に中国語対応にした家庭用ゲーム機を販売し、05年には携帯型ゲーム機DSも売り出したが、成功しなかった。

  テンセントは、広東省深圳市に本拠を置く世界最大のゲーム会社。オンラインゲームに加え、会員制交流サイト(SNS)の微信(ウィーチャット)や決済サービスを提供している。

(発表の詳細を追加しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE