コンテンツにスキップする

ダリオ氏、アジアのウェルスマネジャーの支持失う-成績不振で

  • UOBプライベートバンク、ダリオ氏会社からの資金引き揚げ勧める
  • 旗艦ファンド、8月まで成績マイナス-マクロ戦略ファンド回復の中

レイ・ダリオ氏のヘッジファンド会社、ブリッジウォーター・アソシエーツは、アジアで最も裕福な人々の一部に助言するプライベートバンクからの支持を失った。

   シンガポールのUOBプライベート・バンクは今年半ばごろに、ブリッジウォーターから資金を引き揚げることを顧客に勧めた。ネオ・テン・フィー最高投資責任者(CIO)が明らかにした。

  同氏はインタビューで、「あまり成績が良くなかったのはブリッジウォーターだ」と述べ、「以前は非常に評価していて『ハイコンビクション』としていたが、今は外した」と語った。

Key Speakers At The Bridge Forum

レイ・ダリオ氏

写真家:デビッド・ポール・モリス/ブルームバーグ

  約1600億ドル(約17兆3700億円)を運用するブリッジウォーターにとって今年は厳しい年となっている。旗艦マクロファンドの「ピュア・アルファ」の年初から8月23日までの成績はマイナス6%で、マクロ戦略ファンドが回復する中で不調だった。

  アジア・プライベート・バンカーのデータによると、UOBは中国を除くアジアのプライベートバンクの中で14位で、2018年の顧客資産は340億ドルだった。

原題:Dalio Out of Favor at Asia Wealth Manager as Flagship Fund Falls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE