コンテンツにスキップする

【NY外為】ドル下落、貿易協議の懸念増大-米国債利回り急低下

更新日時

3日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要通貨の大半に対して下落。貿易問題への懸念が強まり、米10年債利回りが日中取引ベースで一時、8月中旬以来の大きさで低下した。逃避通貨は大幅に上昇した。

  • ニューヨーク時間午後4時48分現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下。トランプ米大統領は中国と貿易合意に至るのが1年後になっても構わないとの姿勢を示唆した。ドル指数は3営業日続落。ショートカバーが入る中、ドルは人民元に対しては上昇
    • 主要10通貨の中で円やスイス・フランなどが堅調さを示した。ロス米商務長官は、15日の期限が来ても何も変わらなければ、中国製品に追加関税を課す計画を実行するとCNBCに対して発言。米国株は下落した
  • ポンドは上昇。対ドルで0.4%高の1ポンド=1.2996ドル。英総選挙を控えた世論調査の一つで、与党・保守党が野党・労働党に対するリードを広げたことが分かった
  • ドルは円に対して0.3%安の1ドル=108円63銭と、4営業日続落。一時は108円48銭と、11月22日以来の安値をつけた
  • ドルは対スイス・フランで0.4%安。2日には0.9%下げていた。対ユーロではほぼ変わらずの1ユーロ=1.1080ドル

原題:
Dollar Ebbs as Treasury Yields Slump on Trade Fears: Inside G-10(抜粋)

(相場を最新にして更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE