コンテンツにスキップする

対EU関税引き上げ検討へ、エアバス巡るWTO判断受け-USTR

米通商代表部(USTR)は2日、欧州連合(EU)の製品に対する「関税率引き上げおよび関税対象とするEU製品の追加を検討するプロセスを開始する」と表明した。世界貿易機関(WTO)がこの日、EUが貿易をゆがめるエアバス補助金の悪影響を十分に取り除いていないと判断した。

  USTRは「この日の報告およびこの紛争の解決に向けて進展がないことを踏まえ」、今回の行動を取ると説明。今週中に同プロセスについて連邦公報に掲載するとした。

原題:
U.S. to Consider Higher EU Tariffs After WTO Ruling, USTR Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE