コンテンツにスキップする

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • ブラジルとアルゼンチンへの関税復活、対中関税は依然15日が期限
  • 米製造業の縮小続く、独連立危機もCDU強気、ブルームバーグ排除
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

「タリフマン」を自認するトランプ米大統領。アルゼンチンとブラジルの鉄鋼・アルミニウムに関税を再発動すると発表しました。中国に追加関税という直球を投げる前に、大豆輸出国への制裁という変化球で圧力をかけたもようです。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

復活の理由

トランプ米大統領はブラジルとアルゼンチンが自国通貨切り下げで米国の農家に不利益をもたらしているとして、鉄鋼・アルミニウムに対する関税を直ちに復活させると発表した。両国は米中の貿易摩擦の影響で、米国に代わって中国に大豆など農産品を輸出する。大統領はまた、米金融当局に金融政策を緩和するよう重ねて呼び掛け、貿易問題と米金融政策批判を関連づけた。

2週間を切る

米中が貿易協議で合意に至ることができなければ、トランプ大統領は「論理的な期限の12月15日」に対中関税を引き上げると、ロス米商務長官はFOXビジネス・ネットワークに対して述べた。一方の中国は、米国の企業・団体を含む「信頼できない組織のリスト」を近く公表する。中国共産党機関紙・人民日報系の新聞、環球時報が匿名の情報源の話としてツイートで報じた。

ミニリセッション

米供給管理協会が発表した11月の製造業総合景況指数は48.1に低下。市場予想を下回り、製造業活動が4カ月連続で縮小したことを示した。受注動向が鈍く、生産水準が低いことが背景にある。アマースト・ピアポントのスティーブン・スタンリー氏は2015-16年と似ていると指摘し、当時は「本格的な景気下降というよりも製造業セクターのミニリセッションにつながった」と解説した。

交渉の余地なし

メルケル独首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)は、連立パートナーである社会民主党(SPD)に、連立条件の再交渉は行わないと伝え、不服なら連立を離脱すればよいとの姿勢を示した。SPDは先の党首選決選投票で、連立に批判的な新指導部を選出。6日からの党大会で政権支持を継続する条件の内容を決めるとしている。

シャットアウト

ブルームバーグ・ニュースの記者にはトランプ大統領の政治集会など選挙イベントの取材を認めないと、トランプ陣営が発表。マイケル・ブルームバーグ氏が民主党候補の指名争いに参戦したことに伴い、ブルームバーグ・ニュースが民主党候補者の調査報道をしないと決定したことに抗議したもの。ブルームバーグ氏はブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーの創業者で、過半数の株式を保有している。

その他の注目ニュース

NY連銀のレポオペ、予定額上回る応札-年末越えの資金需要続く

サイバーマンデー、過去最高の94億ドル到達か-年末商戦に弾み

ベゾス氏のペントハウス前で反アマゾン集会、世界で抗議運動

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE