コンテンツにスキップする

タイ首相、バーツ高抑制で「ドルで支出」を-輸入・投資増を期待か

タイのプラユット首相は2日、バーツ高を抑制するためドルでの支出について考える必要があるとの認識を示した。

  同首相はバンコクでのスピーチで、「バーツ安に導くため、いかにしてドルで支出するかをわれわれは考える必要がある」と述べ、タイの経常黒字と資本流入、高水準の外貨準備高などがバーツの強さの要因になっていると指摘した。発言内容を明確にしようと、首相側近の1人に電話したが応答はなかった。

  サイアム商業銀行の経済・金融市場調査責任者カムポン・アディレックソムバット氏は「国民にもっと輸入と投資をしてほしいと首相は望んでいる。われわれがそうすれば、貿易黒字の圧縮にも寄与する」と話した。

原題:Thai PM Says Nation Should ‘Spend in Dollars’ to Curb Baht (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE