コンテンツにスキップする

香港混乱の損失、成長率の2ポイント相当-財政赤字転落へ (訂正)

  • 財政収支は2004年以来の赤字となる見通し-陳財政官
  • 19年の香港経済は1.3%のマイナス成長が見込まれると財政官

香港の陳茂波(ポール・チャン)財政官は2日、来年3月末までの会計年度の財政収支が2004年以来の赤字に陥るとの見通しを示した。混乱に伴う損失は域内総生産(GDP)成長率の2ポイントに相当するとも指摘した。

  陳財政官は立法会(議会)で、財政赤字が見込まれる理由として景気低迷や税収と土地売却収入の減少、発表済みの景気対策を挙げた。香港経済は19年に1.3%のマイナス成長となる見通しだとも述べた。

  2日発表される10月の小売売上高は前年同月比約23%減が見込まれている。陳財政官は「極めて大幅な」減少になるとの見方を示した。

  同財政官は「香港経済は極めて困難な局面にある」と説明。「経済を元の状態に戻すには異なるセクターが結束して暴力を止める必要がある。そうすれば社会秩序は回復し、市民が通常の生活に戻り、企業は通常営業を再開することができる。冷静な対話に向けた余地も生まれる」と語った。

原題:Hong Kong Unrest Costs GDP Growth 2 Percentage Points (Correct)(抜粋)

(原文訂正に伴い、不十分なデータだったためチャートを削除して訂正します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE