コンテンツにスキップする

HSBC、香港従業員の休暇1日分増加へ-混乱時の頑張りに報いる

英銀HSBCホールディングスは香港の従業員に来年、休暇を1日分多く提供する。6カ月間にわたるデモ活動で香港が混乱する中でも、働き続けた従業員らに報いる。

  同行の香港の最高経営責任者(CEO)、施穎茵(ダイアナ・シーザー)氏が2日の文書で従業員に伝えた。ブルームバーグが入手した文書で同氏は「皆さんの頑張りと献身のおかげで、このような前代未聞の状況の中でもHSBCは業務を続け、顧客を支えることができた」と感謝の意を示した。

  広報担当のマギー・チャンは文書の内容を確認した。HSBCの動きについては、先に香港経済日報が報じていた

  これとは別に香港紙の蘋果日報は2日、HSBC香港が最高幹部らの来年の給料凍結を計画していると報じた。HSBC香港はHSBC本部に承認を求めて同計画を送付したと、匿名の情報源を引用して伝えている。マネジャーと最高幹部らの給料は凍結され、それより下位の一部従業員は昇給が「最小限」にとどまるという。

  チャン氏は「うわさ」についてコメントしないと述べた。

原題:HSBC Gives Hong Kong Staff Extra Day Off for ‘Perseverance’ (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE