コンテンツにスキップする

米共和党、情報特別委員長の証言求める-下院司法委の弾劾公聴会控え

  • シフ委員長こそ「最初に証言する必要」と司法委コリンズ共和党議員
  • 司法委は4日の大統領弾劾調査を巡る公聴会で専門家証人招く予定

米下院司法委員会の共和党トップ、コリンズ議員(ジョージア州)は1日、トランプ大統領の弾劾調査を主導する下院情報特別委員会のシフ委員長(民主、カリフォルニア州)こそ「最初に証言する必要がある人物」だとの認識を示した。弾劾調査は新たな段階に移り、情報特別委は調査報告書の草案送付に向け作業を進めている。

  コリンズ議員はテレビ番組「フォックス・ニュース・サンデー」でコメント。司法委が4日に開く大統領弾劾調査の公聴会を前に、コリンズ議員を含む同委メンバー数人が番組に出演した。

  コリンズ議員はシフ氏が証言「しないことを選んだ場合、報告書の内容の信ぴょう性が実に疑わしくなる」と述べた。

Former President Trump Advisers Called To Testify Before House Judiciary Committee

コリンズ議員

  シフ委員長は1週間前、上院で弾劾裁判が開かれる場合は同委員長自身が証人として証言すべきだとする共和党側の指摘に反論。自分が証言を求められるとすれば、それは共和党員が「このプロセスを真剣に受け止めない決定を下した」しるしになると主張していた。

  4日の公聴会には、弾劾の歴史的および憲法上の根拠について、またトランプ氏が犯したとされる不正行為が弾劾条項の採択を正当化するかどうかを巡り専門家証人が招かれる見込みだが、証人の名前は今のところ明らかにされていない。

原題:
Republican Says Schiff Should Testify in Impeachment Hearing (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE