コンテンツにスキップする

北朝鮮、弾道ミサイルの発射示唆-安倍首相を名指しで批判

  • 「弾道ミサイルがどのようなものか遠くない将来見ることになる」
  • 超大型ロケット砲の試射を日本政府が弾道ミサイルと説明したと言及

北朝鮮が最近実施した超大型ロケット砲の試射を日本政府が弾道ミサイル発射と説明したことに関連し、北朝鮮外務省当局者は、安倍晋三首相が「本物の弾道ミサイルがどのようなものか、遠くない将来に鼻先で見ることになるだろう」との声明を発表し、弾道ミサイルの発射を示唆した。

  北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えたところでは、北朝鮮外務省の日本担当副局長は声明で、安倍首相の先のコメントについて、「多連装ロケット発射システムとミサイル発射を区別できない愚か者」との非難を招いたと指摘した。

  声明はまた、安倍首相が北朝鮮からの脅威を強調することで米国が喜ぶと考えているようだとした上で、「政治的小人の考えは極めて貧困だ」と主張した。

原題:North Korea Calls Japan’s Abe A ‘Political Dwarf’(抜粋)

(北朝鮮外務省の日本担当副局長の声明内容を追加して更新します)

翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:
東京 内田良治 ruchida2@bloomberg.net

翻訳記事に関するエディターへの問い合わせ先
上野英治郎 e.ueno@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE