コンテンツにスキップする

中国の製造業PMI、11月は上昇-7カ月ぶりに活動拡大を示唆

更新日時
  • 非製造業PMIも54.4と、前月の52.8を上回り3月以来で最も高い
  • 新規輸出受注を反映する小指数は7カ月ぶりの高水準となった

中国国家統計局と中国物流購買連合会が30日発表した11月の製造業購買担当者指数(PMI)は50.2と前月の49.3から上昇した。市場予測は49.5だった。同指数が50を上回り、活動の拡大を示唆するのは、4月以来7カ月ぶりとなる。

  PMIの予想外の上振れは、中国当局の支援策と世界経済の安定に支えられ、同国の製造業活動が回復しつつある兆候をうかがわせる。

  非製造業PMIも54.4と、前月の52.8を上回った。市場予想は53.1。11月の数字は3月以来で最も高い。

  新規輸出受注を反映する小指数は7カ月ぶりの高水準となったが、48.8と50の節目はなお下回った。

  中国国際金融(CICC)の易峘シニアエコノミストは統計発表前に公表したリポートで、「11月は外需の伸び回復や、影響の度合いは小さいが国内の建設活動の拡大もあって、経済活動の伸びが緩やかに上向くと予想している」と指摘した。

    原題:China Nov. Manufacturing PMI 50.2; Est. 49.5(抜粋)

        最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE