コンテンツにスキップする

ドイツ失業者数、11月に予想外の減少-景気対策への期待は後退か

ドイツの失業者数は11月に予想に反して減少した。製造業の低迷に歯止めがかかる兆しが見え、輸出業者を圧迫していた貿易対立も緩和した。

  ドイツ連邦雇用庁が29日発表した11月の失業者数は前月比1万6000人減少した。市場予想は6000人増だった。失業率は5%と、過去最低に近い水準を維持した。この日は小売売上高の急減も明らかになったが、失業者数の減少というドイツ経済にとっての朗報で、財政出動による景気対策が打ち出される可能性は後退しそうだ。

German jobless claims unexpectedly declined in October

原題:
German Unemployment Unexpectedly Drops as Optimism Edges Up (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE