コンテンツにスキップする

BNPパリバ、スイスで250人削減の可能性-効率化の一環

フランスの銀行BNPパリバは、スイスで250人の雇用を削減する可能性がある。世界の成長鈍化とマイナス金利、デジタル化の影響に対応する効率化措置の一環。

  同行はスイスで約1400人を雇用している。削減対象はバックオフィスとフロントオフィスの両方で、大半がジュネーブで働く従業員。

  世界の銀行は今年に入り何万人もの人員削減を発表しているが、その大半は欧州での削減だ。

世界の銀行、トレーディングやセールス人員9年連続減少-チャート

  BNPの29日の発表によると、この効率化措置は2020、21年に実施する。従業員との面談プロセスを既に開始しているという。

原題:
BNP Paribas Eyes Efficiency Drive That Could Ax 250 Swiss Jobs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE